事務局ブログ

野柳地質公園(ジオパーク)への訪問

2017.10.13 Friday 18:40
 10月1日に開催されたジオツアーで野柳地質公園(ジオパーク)へ行きました。(野柳地質公園のウェブサイトは、こちら。)にこっ女性

 1日目午前は、野柳地質公園へ行きました。野柳地質公園は、台湾北東部の野柳岬に位置し、クイーンズヘッド(女王頭)で有名なところです。年間の来場者数は200‐300万人にも上るそうです。訪問したときも、大型バス40台以上が駐車場で待機しており、大勢の来場者が見られました。また、この日はとても暑く、台北で10月としては1896年以降の観測史上最も暑い気温(36.8℃)が記録されました。にこっ女性

 
写真1 野柳地質公園の入り口。小学生が太鼓で出迎えてくれました。


写真2 野柳地質公園の駐車場のようす

 野柳地質公園は、中新世(約2200万年前)に堆積した堆積岩が主体です。クイーンズヘッドは、首の部分が頭部よりも侵食されやすいために、形成されたものです。数十年前に比べて、首の部分が細くなっているのもわかりました。また、野柳地質公園は、様々な名前がついた岩があります。きのこ岩、生姜岩、燭台岩、日本の芸者の形をした岩等です。誰でも楽しめる場所です。にこっ女性


写真3 これがクイーンズヘッド(女王頭)。

 
写真4 生姜岩


写真5 日本の芸者
  

写真6 燭台岩


写真7 きのこ岩


 銚子との共通点を挙げれば、堆積岩が主体であることと、侵食の影響を受けやすいということだと言えます。つまり、地質遺産の保護・保全で情報共有できそうです。にこっ女性

 隣接する基隆と中国大陸との貿易において、野柳付近は潮流が速くて船による海難事故が多かったようです。そのため、昔の海難事故という点についても共通しています。にこっ女性

 資料を見ると、海岸植物、鳥類、海辺の生き物なども豊富に見られるようです。

 銚子ジオパークも、野柳地質公園の良いところを取り入れたいと考えています。



カテゴリー: 事務局ブログ |




台湾国際ジオパーク会議2017に参加

2017.10.13 Friday 18:00
 国立台湾大学で9月29-30日に開催された台湾国際ジオパーク会議2017に参加しました。この会議には、12か国から集まりました。にこっ女性
 1日目は、各国から基調講演が行われました。内容は、世界遺産とジオパークの違い、ジオパークの歴史、日本、ドイツ、香港、台湾などの各国のジオパークの状況に関する講演がありました。ドイツでもジオパークが地域住民に広がっていないことに少し驚きました。香港では、ほとんど人が住んでいない地区で、どのように住民参加を進めるのかが課題でしたが、協力者を得て、民家を活用したビジターセンターのオープン、郷土料理の提供、船に乗ったジオツアーで収入が増加した話が出ていました。台湾からは、自然のインスピレーションをみんなが感じるべきだと話していました。また、地域住民の参加が、重要だと強調している人もいました。にこっ女性


写真1 台湾国際ジオパーク会議2017の開会セレモニーのようす


写真2 基調講演のようす


写真3 休憩時間を利用して、銚子ジオパークの千騎ケ岩の絵画を国立台湾大学林教授へ贈呈(左:産業観光委員会副委員長梅津氏、右:台湾大学林教授)

 2日目は、6つのテーマ(地質保全と保全技術、ジオハザードとハザードの緩和、地質教育とガイドプログラム、ジオツーリズム・経済機会と地方の発展、ジオ地域社会の努力と社会変動、国立公園とジオパーク)に分かれて講演が行われました。銚子ジオパーク推進協議会からは、地質保全と保全技術のセッションで、「日本ジオパーク委員会の現地審査報告書によるジオパークの審査体制の特徴」という内容で、口頭発表しました。内容に関して、ベトナムの地質学者から質問が出て、現地審査報告書が公開されていることに驚いていたようでした。にこっ女性


写真4 銚子ジオパーク推進協議会専門員による口頭発表。

 その後、台湾総統府にて、各国から24人が副総統を表敬訪問し、台湾のジオパークに対する意見交換を行いました。いかに台湾がジオパークに力を入れているかがわかりました。副総統は、「ジオパークは、地質遺産の保護・保全、環境教育、持続可能な発展を含み、台湾の主要な収入源である観光にとっても重要である」と述べました。また台湾は、国土が狭く、人口密度が高いが、国土の19%が法によって保護されていることが紹介されました。にこっ女性

台湾総統府関連の記事
総統府新聞
http://www.president.gov.tw/NEWS/21640

台北駐日経済文化代表処
http://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/50945.html

青年日報
http://www.ydn.com.tw/News/257594


写真5 台湾総統府への表敬訪問。前列中央が、台湾の陳副総統。


写真6 国立台湾大学の正門。

 
写真7 台湾国際ジオパーク会議2017開催期間中のジオパークフェア


写真8 日本から参加したジオパーク(銚子、下北、伊豆半島、Mine秋吉台)のブースのようす。銚子ジオパークからは、中国語繁体字のパンフレットを配布しました。

 台湾北東部に位置する野柳地質公園を経営する新空間国際有限公司のみなさまにたいへんお世話になりました。台湾滞在中は、スタッフの方々からは、日本語の通訳、ホテルから会場への移動、食事、さまざまな手配等きめ細かいおもてなしをいただきました。新空間のスタッフのおかげで、台湾滞在中、とても快適に過ごすことができました。この場をお借りいたしまして、感謝申し上げます。にこっ女性


カテゴリー: 事務局ブログ |




銚子の海岸でお宝さがし☆ビーチコーミング(親子で夏の自由研究ツアー第七弾)

2017.08.15 Tuesday 13:30
8月8日(火)に親子で夏の自由研究ツアー「銚子の海岸でお宝さがし☆ビーチコーミング」を開催しました。にこっ女性
 午前中は君ケ浜、犬岩付近で漂着物を採取しました。台風通過後の強風の中でしたが、海藻や貝殻、海外からのものと思われるペットボトルなどの漂着物が多くみられ、参加者のみなさんは、これは何かあれは何かと次々に興味を示していました。中には、南国から漂着したと思われる木の実やアラビア語で書かれたジュースの紙パックを拾っている方もいました。にこっ女性
犬岩では、岩に打ち寄せた波が白い泡になる「波の花」を観察することができました。また、砂浜にはカニの巣穴がたくさんあり、コメツキガニを観察することができました。にこっ女性

 
(写真1)おもしろそうな漂着物を探しています。


(写真2)こっちにも、おもしろそうな漂着物があるかな。


(写真3)お昼のお弁当です。

 午後からは、千葉科学大学の本部キャンパスへ行き、糟谷先生の講義を聞いた後、採取した漂着物の標本づくりを行いました。親子で拾ってきた漂着物の分類をして、名前を調べました。参加者のみなさんは、外国から来たものや、さまざまな種類の海藻や貝殻などの生き物を集めて、楽しかったようです。にこっ女性


(写真4)集めてきた漂着物を整理しています。

 
(写真5)うまく分類できたよ。


(写真6)最後に、みんなで集合写真を撮りました。

 参加者のみなさん、銚子ジオパーク推進市民の会のお手伝いいただいたみなさんどうもありがとうございました。にこっ女性


カテゴリー: 事務局ブログ |




銚子の風を調べよう!(親子で夏の自由研究ツアー第四弾)

2017.08.08 Tuesday 12:00
 8月1日(火)に親子で夏の自由研究ツアー「銚子の風を調べよう!」を開催しました。参加者は、18名でした。にこっ女性
 午前中は、銚子市青少年文化会館にて、なぜ風が吹くのかの話しをしました。その後バスに乗車して、屏風ケ浦へ行き、銚子沖の洋上風力発電を見学しました。ここでは、洋上風力発電の諸元や隣接する風況観測タワーの話しを聞きました。また、風速の計測体験もしました。ちょうどそのとき、洋上風力発電のブレード(羽根)が停止していて、風速が小さいことを確認しました。にこっ女性

 
(写真1)屏風ケ浦で洋上風力発電を見ながら話しを聞いています。


(写真2)屏風ケ浦で風速を測る体験をしています。

 その後、銚子地方気象台へ行きました。はじめに「雨と風」の資料に基づいて、説明を聞きました。その後、露場に出て、気温・湿度計、雨量計、感雨計、積雪深計を見学し、屋上で、鉄塔の上にある風速・風向計の説明を聞きました。天気予報を行っている現業室にも行き、観測したデータを気象庁で集約している話しや、予報官の仕事の話などを聞きました。にこっ女性


(写真3)銚子地方気象台の露場で感雨計の説明を聞いています。


(写真4)銚子地方気象台の現業室で説明を聞いています。

 
(写真5)銚子地方気象台で集合写真!

 午後になってから、銚子市青少年文化会館にて、世界で風の強い場所、人々の暮らしに影響を与える風、風によって発生する波を説明しました。その後、銚子沖の風況観測タワーで測定して、公開されているNEDOのデータや銚子地方気象台のデータを使って、月ごとのデータを使った風速の季節変化、風速の垂直方向の変化、風速のひん度分布図、風向の風配図などのグラフを作成しました。続いて、風力発電の設備利用率を計算して、銚子が風力発電の設置場所として適していることを確認しました。最後に、洋上風力発電を多数設置すると、屏風ケ浦の国の名勝及び天然記念物に指定されていることとの兼ね合いから、銚子の経済状況の改善を取るか、景観を取るかという問いを投げかけました。


(写真6)銚子市青少年文化会館で講義を聞いています。

 小学生には、高度な内容でしたが、参加者は最後までがんばりました。満足度がとても高いジオツアーになりました。 参加者のみなさま、銚子地方気象台のみなさま、銚子ジオパーク推進市民の会のお手伝いいただいたみなさまどうもありがとうございました。にこっ女性



カテゴリー: 事務局ブログ |




海藻押し葉をつくろう!(親子で夏の自由研究ツアー第二弾)

2017.08.08 Tuesday 11:45
 夏休みが始まって2日目の7月22日(土)に親子で夏の自由研究ツアー「海藻押し葉をつくろう!」を開催しました。参加者は、32名でした。にこっ女性

 午前中は、君ケ浜北端の海鹿島近くにて、グループごとに海藻の収集をしました。この日は、大潮で干潮時に近かったので、海水面が低く、海藻がよく見られました。参加者は、アナアオサ、イボツノマタ、ハリガネなどさまざまな海藻を集めていました。また、海藻だけではなく、さまざまな海の生き物も見られました。イトマキヒトデ、ニホンクモヒトデ、バフンウニ、ヤガラ、タカラガイなどです。にこっ女性

 
(写真1)海藻を探しています

 
(写真2)ひと休みしています


(写真3)海の生き物の話しを聞いています


(写真4)お昼のお弁当です

 午後からは、千葉科学大学の本部キャンパスへ行き、糟谷先生の講義を聞いた後、海藻押し葉の作成に取り掛かりました。収集した海藻を水道水で洗い、ケント紙を水の中に浸し、ケント紙の上に海藻をきれいに載せました。ある程度水が切れたら、ケント紙に載せた海藻の上にサラシを載せてから、新聞紙に挟みました。これを繰り返しました。処理を行った海藻を重ねて、家に持ち帰って乾燥させて、できあがりです。

   
(写真5)海藻の処理方法の実演です


(写真6)海藻の処理を始めました

 午前中は海で過ごし、午後から夏休みの宿題を進めて、有意義な一日でした。参加者のみなさま、銚子ジオパーク推進市民の会のお手伝いいただいみなさまどうもありがとうございました。にこっ女性

 
(写真7)みんなで集合写真を撮りました

カテゴリー: 事務局ブログ |





<<前の5件 | 1 | ... | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | ... | 42 | 次の5件>>

このページの先頭へ