事務局ブログ

日本ジオパーク関東大会in下仁田

2016.11.29 Tuesday 17:00
11月20-21日に、日本ジオパーク関東大会in下仁田に参加しました。
 20日は、同時開催された下仁田ねぎまつりの会場で、物販やステージPRを行いました。物販では、ひしお(醤:食べる醤油)の販売や、醤油の配布などを行いました。ステージPRでは、今回参加した各ジオパークが、それぞれ地元のジオパークの特徴を簡単に話しました。

 
物販のようす            


ステージPRのようす

その後、基調講演、分科会(教育、ガイド、関東ストーリー)と続きました。
基調講演では、下仁田自然学校名誉顧問で、日本ジオパーク下仁田応援団団長でもある里見哲夫氏による「ジオパークの原点」というテーマの講演でした。下仁田には、砥石、石灰岩、鉄鉱石の3つの鉱物資源があったこと、明治時代に妙義山で植物の研究が既に行なわれていたのは、鉄道の影響が大きかったこと、1950〜1970年に、地質学の研究が盛んであったことなどが話されました。
次に、地元中学校教諭である神戸智弘氏による「郷土を活かした学校連携プログラム―下仁田学習について―」というテーマの講演でした。
 

基調講演のようす1            


基調講演のようす2

分科会(教育)では、下仁田小5年生を対象に総合的な学習で行われた「下仁田ジオパーク探検隊」の実践例について、続いて、中1を対象に総合的な学習で行われた「下仁田町隠れ名所マップを作ろう」についてなどの事例発表が行なわれました。その後、これらの内容に関する質疑応答で、議論の内容を深めました。

 
分科会(教育)のようす1      


分科会(教育)のようす2

21日は、ジオツアー(まちなか・クリッペコース、妙義山の石門めぐりコース、荒船風穴・神津牧場コース)でした。このうち、妙義山の石門めぐりコースでは、妙義山は、600万年〜400万年前頃の火山活動で誕生したもので、柔らかい堆積層が浸食されて、このような景観になったようです。また、このコース辺り一帯は、かつて個人の私有地であったが、群馬県に寄贈したことがきっかけとなり、妙義荒船佐久高原国定公園として観光地になったようです。

 
妙義山                    


第四石門

今回も、関東各地のジオパーク関係のみなさまと意見交換や交流で、有意義な2日間でした。


カテゴリー: 事務局ブログ |




再認定の現地審査

2016.11.29 Tuesday 16:45
11月18-19日に、銚子ジオパークでは、日本ジオパークの再認定の現地審査が行なわれました。
1日目は、午前中にヒアリングで、その後、地球の丸く見える丘展望館、屏風ケ浦、犬岩、外川まち歩き、外川ミニ資料館、犬吠埼、銚子ジオパークビジターセンターを、ご案内しました。
 ヒアリングでは、写真を使ってこの4年間の取組状況について、説明しました。その後、3人の審査員から、さまざまな質問に対して、銚子ジオパークの関係者が回答するという形式でした。3人の審査員は、銚子ジオパークについて、いい印象を持っていただいたと感じられました。
 続いて、現地案内です。銚子ジオパークは、コンパクトで移動時間が少なくてすむため、多くの見どころを見ていただきました。天気も良く、暖かかったこともあって、3人の審査員は、見るべきところを見つつも、ジオツアーを楽しんでいただいたようです。

 
ヒアリングのようす             


地球の丸く見える丘展望館でのようす

 
屏風ケ浦でのようす            


屏風ケ浦での校外学習のようす

 
犬岩でのようす               


外川のまちなみの散策のようす

 
外川ミニ郷土資料館でのようす     


犬吠埼でのようす


銚子ジオパークビジターセンターでのようす

2日目は、午前中に、銚子漁港第一卸売市場、銚子山十、ヤマサ醤油工場見学、余山貝塚をご案内しました。前日と打って変わって、あいにくの大雨となってしまいました。
午後は、銚子市青少年文化会館の展示をご案内してから、講評となりました。講評には、40名以上の方が出席しました。3人の審査員から、銚子ジオパークの良いところと今後の課題について、話していただいた後に、質疑応答となりました。
日本ジオパーク委員会からの再認定審査の結果は、12月9日(金)午後5時以降に、連絡が来る予定です。お楽しみに!

 
銚子漁港第一卸売市場でのようす   


銚子山十でのようす

 
ヤマサ醤油工場見学のようす      


余山貝塚でのようす


銚子市青少年文化会館でのようす   


講評のようす

カテゴリー: 事務局ブログ |




筑波山地域ジオパークからの視察

2016.11.11 Friday 11:11
11月4日(金)に、桜川市をはじめとする筑波山地域ジオパークのみなさま18名の方が、銚子ジオパークに視察に来られました。
一行は、地球の丸く見える丘展望館で、銚子ジオパーク認定ガイドの説明を聞いた後、昼食を取り、午後からは、犬吠埼、屏風ケ浦を見学されました。参加者の一人は、認定ガイドの説明を聞いて、「単に見るだけでは気がつかないが、こうして説明してもらえると大地の成り立ちが実感としてわかる。楽しかった。」と感想を述べていました。
 
(写真1)地球の丸く見える丘展望館でのようす


(写真2)屏風ケ浦でのようす

その後、銚子市青少年文化会館の会議室へ移動し、銚子ジオパークにおける地域振興の事例について、説明した後、意見交換を行いました。筑波山地域ジオパークの方からは、「新規認定時の課題について、どのように取り組んできたのか?」、「既存の食材をジオパーク活動にどのようにとりこんでいるのか?」、「ジオパーク活動をどのように推進しているのか?」など活発な意見交換が行なわれました。
あっという間に、予定の時刻を回りました。今度機会があれば、銚子から筑波山地域ジオパークの視察にも行ってみたいです。?

(写真3)地域振興に関する意見交換会ようす

カテゴリー: 事務局ブログ |




日本ジオパークネットワーク全国大会伊豆半島大会

2016.11.11 Friday 11:00
10月10-11日に、静岡県沼津市で開催された第7回日本ジオパークネットワーク全国大会伊豆半島大会に参加しました。
 
(写真1)開会式の様子

基調講演では、神戸大学海洋底探査センター教授の巽好幸氏による「列島からの恩恵、大陸誕生の謎を伊豆から考える」という内容で、講演されました。キーワードは水でした。はじめに太陽系に水があるのは地球だけである理由として、太陽からの距離と地球の重さが影響していること、木星と土星の軌道が現在よりも内側に移動していた時期に、水が供給されたことなどが話されました。その後、地球は、他の惑星と違って、地球上の高さの割合について2つのピーク(大陸と海)があって、互いに異なった地殻を持っていること、大陸の地殻が形成されるためには、大陸が必要であるということが話されました。そのため、最初の大陸は、どのように形成されたのかという問いかけをしました。そこで、伊豆小笠原海溝のような海洋島弧の地殻を調べてみると、2つのプレートがぶつかり合っているところで、大陸の地殻が形成されているということがわかったそうです。この大陸が形成されるために、水が重要な役割を果たしているという話しでした。

(写真2)基調講演後の談話のようす

市町村長セッションでは、各ジオパークの首長が舞台に上がって、司会者が首長に質問するという形式でした。ある首長からは、「人口が減少しているので、住民が自信を失ったが、ジオパークを始めたことによって、住民が自信を持って、地域を語ることができるようになった。」また別の首長は、「地域としては、ジオパークの関心がなかった。やってみると面白い。愛着や誇りにつながる。」などの意見が出ていました。
最後に司会者が、「誰かがやってくれるというのではなく、全員がジオパーク活動を進める当事者であるという覚悟をもって、相互チェック(審査)で互いの覚悟を共有しながら、いきいきとした地域社会づくりを、共に前に進めていきましょう。」とまとめていました。

(写真3)市町村長セッションのようす

また、ブース展示では、銚子ジオパークの宣伝をしながら、物販を行いました。この物販には、龍泉堂から「琥珀羊羹」、銚子電鉄から「ぬれ煎餅と佃煮」、ヤマサ醤油とヒゲタ醤油から提供いただいた醤油を持ちこみました。商品を通して、色々な地域の方と交流ができて、とても有意義でした。

(写真4)ブース展示のようす

ポスターセッションでは、銚子ジオパークからは、「日本ジオパーク認定 4 年目を迎えた銚子ジオパークにおける市民の意識調査結果について」というタイトルで発表しました。内容としては、今年7月に行ったアンケート調査をもとに、ジオパーク活動に対する要望について集計した結果について、話しました。ジオパークは、4年に一度再認定審査がありますので、再認定審査に関心のある方がポスター発表を聞きに訪れ、意見交換をしました。

また分科会(ガイド養成と組織のマネジメント)について、簡単に報告します。1日目に、まず、「私たちのめざすガイド像2015in霧島」のおさらいをしました。次に、2013年のJGN全国研修会の事前アンケート結果「ガイド養成講座等に関する調査票」を見て、グループごとに、各ジオパークの良いところを拾い出しました。その後は、それをまとめて、発表しました。また、他のジオパークの事例発表を聞きました。
2日目に、1日目の結果を使って、ガイド養成講座を組み立てました。地域によっては、フライトアテンダントの接遇講習があったり、プロのアナウンサーによる発声練習や文章の組み立て方講習があったり、コミュニケーションスキル講習があったりと興味深い講習を行っているところもあるようでした。

(写真5)分科会(ガイド養成と組織のマネジメント)のようす

各地域のジオパークの方と、交流や意見交換によって、充実した全国大会になりました。

最後になりますが、物販では、龍泉堂、銚子電鉄、ヤマサ醤油、ヒゲタ醤油からご協力を得ました。あらためて深く感謝申し上げます。


カテゴリー: 事務局ブログ |




銚子ジオパーク推進協議会の合同委員会を開催しました

2016.10.02 Sunday 09:30
 9月21日(水)に銚子ジオパーク推進協議会の合同委員会(教育・普及委員会及び産業・観光委員会)を開催しました。今回の委員会では、今秋行なわれる日本ジオパークの再認定審査の現況報告と次期実行計画について、話し合いました。現況報告とは、銚子ジオパークが日本ジオパークとして、新規認定されてから、現在までの活動実績を、日本ジオパーク委員会に報告するものです。
 次期実行計画では、委員のみなさまの熱い思いと、さまざまな意見が述べられ、再度、練り直すことになりました。
 この熱い思いで、再認定審査を乗り越えていきたいです!


(写真)合同委員会のようす


カテゴリー: 事務局ブログ |





<<前の5件 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 31 | 次の5件>>

このページの先頭へ