ジオサイトの紹介

地球の丸く見える丘展望館・愛宕山Horizon Observatory/Mt.Atagoyama

330度水域に囲まれた銚子の全容が見渡せる場所

展望館より北西を望むと利根川と筑波山を見ることができる

  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

愛宕山は、犬岩・千騎ケ岩と同じく砂岩・泥岩からなる千葉県最古の地層で、できた年代ははっきりわかっていませんが、ジュラ紀(約2億年〜1.5億年)と推定されています。
愛宕山(高神愛宕山)の標高は73.6mですが、北総地域(千葉県北部地域)では最も高い場所になります。頂上に立つ「地球の丸く見える丘展望館」から四方を眺めると鹿島灘から筑波山、西は九十九里浜、屏風ケ浦を見渡すことができ、その眺めは雄大で水平線の両端は丸みを帯びて見えるので文字通り地球の丸さを実感できます。

アイコンの説明

  • 無料駐車場
  • 施設
  • 自然
  • 人の営みに関わるみどころ
アクセス

銚子電鉄「外川駅」下車、徒歩約1km(約13分)。

外部サイト

地球の丸く見える丘展望館ホームページ

http://www.choshikanko.com/tenbokan/index.html

このページの先頭へ