ジオサイトの紹介

夫婦ケ鼻(めどがはな)Medogahana

水産工業団地に残るかつての岬

  • あり
  • あり
  • あり
  • あり

銚子ポートタワーの脇に小さな崖があります。崖の地層を見ると粒子の細かい泥岩層の間に細粒の砂岩が薄く挟まれています。この地層は今から1690万年〜1650万年前に深い海の底(100m〜数百m)に堆積したもので、夫婦ケ鼻層と呼ばれています。かつてこの場所の南側に約1.5kmにわたってこの地層の崖が続いていましたが、近年の漁港の改修工事によって、現在では銚子ポートタワーのふもとにわずかに残るだけになってしまいました。
夫婦ケ鼻と同じ地層は鹿島沖の海底深で確認されています。その深さはなんと700m〜1100m。いかに銚子が隆起したかがわかります。

アイコンの説明

  • 無料駐車場
  • 施設
  • 自然
  • 人の営みに関わるみどころ
アクセス

JR「銚子」駅より、ちばこうバス(川口・ポートセンター行き)「ポートセンター」下車。

このページの先頭へ