ジオマップ・ジオサイト

黒生・夫婦ケ鼻・宝満ジオサイト

 黒生(くろはえ)地区では、古生代末の生物一斉絶滅とほぼ同時期に堆積した「黒生チャート」、新生代第三紀中新世に堆積した「夫婦ケ鼻(めどがはな)層」、これとほぼ同時期の火山活動によってできた「古銅輝石安山岩」を見ることができます。「黒生チャート」は黒生地区の水産加工団地の埋め立て地で、「夫婦ケ鼻層」はポートタワー下の露頭で、「古銅輝石安山岩」の岩体は黒生漁港周辺でそれぞれ観察することができます。また、銚子半島の東南端に位置する長崎鼻の宝満(ほうまん)でも、夫婦ケ鼻層とそこに貫入する古銅輝石安山岩を見ることができます。(注:宝満は島ですので、直接見ることはできません。)

 黒生チャートには地球規模の環境の変化が、過去の火山活動の痕跡である古銅輝石安山岩の生成には日本海の誕生と拡大にともなう大地の動きが、それぞれ関連していると考えられています。

黒生チャート

 「黒生チャート」は、黒生地区の水産加工団地の埋め立て地で観察することができます。
黒生チャートは、ジュラ紀に堆積したと考えられている「愛宕山層群」を構成する泥岩中の、巨大なブロックであると考えられています。「チャート」とは、珪質の殻をもつ放散虫などのプランクトンが、遠用の深海底で、非常に長い時間をかえて堆積した岩石(堆積岩)と考えられています。
 黒生チャートの表面の色は、やや緑を帯びた色(還元状態のFe2+に由来)として観察されることから、黒生チャートが堆積した当時の地球の環境が、酸欠状態に陥っていた可能性を示唆します。この酸欠状態は、地球規模で起きていたようで、古生代末の生物一斉絶滅の原因と考えられています。

古銅輝石安山岩

 黒生漁港から堤防にそって沖合に進むと、「古銅輝石安山岩」の岩体がいくつか観察されます。これらの岩体は、黒生海岸の沿岸開発で新たに発見されたものです。黒生海岸での産状は、板状の規則的な割れ目(板状節理)をもつ比較的規模の大きい岩体として産出します。この産状は、どろどろのマグマが地上付近に噴出してできたことを示唆します。
 「古銅輝石安山岩」は、斜方輝石の一種である「古銅輝石」を斑晶として含み、マグネシウムに富む「高マグネシア安山岩」です。噴出した時期は、黒生地区の夫婦ケ鼻層の堆積年代から、およそ約1,650万年前と考えられています。
 この時期は、日本海が拡大した時期にあたることから、当時、プレートの沈み込みにともなって形成された火山フロントが、日本海の拡大に伴い、太平洋側へ押しやられた可能性が示唆されます。このように、銚子の「古銅輝石安山岩」は、日本列島の成り立ちを知る上で貴重な岩石と考えられています。

夫婦ケ鼻層

 前述のように、黒生地区の夫婦ケ鼻層は、約1,650万年前に堆積したことが明らかとなっています。これに対して、銚子半島の東南端に位置する長崎鼻の宝満(ほうまん)付近でも、夫婦ケ鼻層が産出します。こちらは、凝灰質砂岩からなり、挟在する「古銅輝石安山岩」のK-Ar年代から約2,100万年前に堆積したことが明らかとなっています。
 つまり、黒生地区と宝満地区の夫婦ケ鼻層には、堆積年代に約400万年の違いがあることになるため、両社は不整合で接していると考えられています。銚子における過去の火山活動の痕跡である古銅輝石安山岩の生成には、約1,500万年前に起こった日本海の誕生・拡大にともなう大地の動きが関連していると考えられています。


屏風ヶ浦ジオサイト 愛宕山・千騎ケ岩・犬岩ジオサイト 犬吠埼ジオサイト 黒生・夫婦ケ鼻・宝満ジオサイト

このページの先頭へ