ジオマップ・ジオサイト

犬吠埼ジオサイト

 銚子半島の先端部で南北に連なる東海岸には、中生代の前期白亜系の地層である「銚子層群」が見られます。銚子層群を構成する地層は、下位から海鹿島(あしかじま)層、君ケ浜層、犬吠埼層、酉明浦(とりあけうら)層、長崎鼻(ながさきはな)層です。これらの地層は、おおまかに北ほど古く、南ほど新しい積み重なりをしています。銚子層群の最下層である海鹿島層には、堆積盆を形成していたと考えられる「愛宕山層群」のチャートや硬砂岩・泥岩の礫を含む海鹿島礫岩が「基底礫岩」として産出します。犬吠埼灯台下に広がる犬吠埼層には、浅海性の様々な堆積構造がみごとに保存されており、国指定の天然記念物(犬吠埼の白亜紀浅海堆積物)となっています。また、ここからは、中生代の「示準化石」であるアンモナイトやトリゴニア(三角貝)などの化石が発見されています。

白亜の灯台と白亜紀の地層

犬吠埼で見られる中生代の化石

銚子市青少年文化会館展示

犬吠埼で見られる中生代の化石



屏風ヶ浦ジオサイト 愛宕山・千騎ケ岩・犬岩ジオサイト 犬吠埼ジオサイト 黒生・夫婦ケ鼻・宝満ジオサイト

このページの先頭へ